宅建の価値

価値のある国家資格

今日本には沢山の資格があり、国家資格・民間資格などを合わせれば、3000種類以上あると言われています。しかし、中には資格としての価値がないものが多く、名前すら聞いたことのない資格も多いと思います。国家資格でも例外はありません。

そうした資格と比べれば、宅建は非常に価値のある資格です。

今まで宅建について厳しい言い方をしてきましたが、数ある資格の中では知名度・歴史・希少性は非常にあると言えます。
一概に就職に強いとは言えませんが、それでも他の資格と比べれば就職・転職に強いと言えます。

多くの業界から重宝される宅建

現に、日本の主要企業で取得が奨励されている資格の1位が宅建です。また、そうした事は何も不動産業界に限ったことではなく、数多くの業種にもいえる事です。

その証拠に宅建の受験者の8割は、不動産とはまったく関係のない人達です。

どの企業でもそうですが、企業活動の基盤となるのは、土地や建物です。その知識がある宅建の資格は、多くの業界から重宝されるのです。ですから、不動産に直接関係のない企業の総務の方で、宅建の資格を持っている方は沢山います。

そして、何より大手のような超一流会社を除けば、就職に有利になるケースが多々あります。現在のような不況だと就職や転職に悩んでいる人は沢山いると思います。

将来への投資にもおすすめ

「仕事をしたいけど何処の企業も採用してくれない」
「今のようなブラック企業にいても将来がないけど、転職先がない」
などで悩んでいる人は決して少なくありません。

その結果、貧困や結婚できないなどの社会問題になっていきます。

しかし、宅建があれば、自分の望む形の仕事が出来なかったとしても、食いつないで行く事が出来ます。つまり、将来の保険にもなるのです。別のページで宅建の資格取得には明確な理由を持つべきだとお話しましたが、将来への投資も列記とした目的です。

もし、将来が不安でたまらないという方は、宅建の資格取得を目指すのも良いと思います。きっといつか役に立つ日がくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です