過去問を主軸に、出題内容を分析するのが得策です

状況は変化しています

「試験対策はとにかく過去問」
「過去問さえ出来れば本試験ではそこそこ点が取れる」

宅建試験対策についてはこのような過去問至上主義が主流でしたが、近年ではこの状況が少しずつ変化してきている様です。

過去問以外の出題が増加傾向

ひと昔前までは、宅建本試験に過去問の焼き直しのような出題が目立った時期もありましたが、最近では過去問で狙われたことのない論点からの出題が増えてきています

もちろん、過去問と過去問以外での出題数を比較すれば、圧倒的に過去に問われた論点からの出題が多いと言えます。しかしながら、本試験当日、例えば「法改正項目」や「時事的問題」等と絡めた問題が受験生を悩ませるケースも見受けられます。

よって、今後宅建に挑戦する受験生は、過去問を主軸にしつつ、過去問ではカバーしきれない範囲で狙われるべきポイントにも目を光らせる必要があると言えます。

法改正対策や出題予想講義など、短期講座を活用すべし

とはいえ、宅建に独学で頑張ろうという受験生にとって、過去問以外のポイントを網羅しようというのはなかなか至難の業。

過去問対策であれば「問題を解き、解説を読みながら・・・」で何とか対応できるものの、過去に問われたことのない出題を予想、分析するのはその道の専門家だからこそ成せる業だと思います。

そんなときにこそ、専門の対策講座の出番です。試験が迫ってくると、「法改正セミナー」や「直前予想講座」等の名目で短期講座が開講しますから、そういったものは積極的に活用すべき。通学講座はもちろん、通信講座にも同様の単科講座が数多くラインナップするはずです。

「宅建試験は過去問のみでOK」な時代はもう終わり。

これからは過去問“+α”の対策で、新傾向にあった試験対策を心がけるのが得策です!