新しい形の勉強方法!バーチャル講師で宅建資格を取ろう!

人気があり難易度が高い資格に「宅建(宅地建物取引士)」があります。しかし、その難易度の高さから途中で挫折してしまったり、何度チャレンジしても不合格になってしまったりするでしょう。そこで、おすすめなのが新しい勉強方法として注目されている「バーチャル講師」です。

今回は宅建を合格するための方法やバーチャル講師について紹介します。宅建担当のバーチャル講師についても紹介するので参考にしてください。

宅建は難易度が高い人気資格

宅建試験は難易度が高いので、勉強を始める前にどれくらい難しいのか知っておくと良いでしょう。

合格率は15%前後

宅建は人気がある資格試験であり、合格率は15%~18%程度と難易度が高いため、しっかり準備を行わないと合格は難しいです。不動産に関する知識の他に、法律関連の知識も求められるので、より難しさを感じるでしょう。

そのため、より確実に合格を目指すのであれば、計画的で効率良く勉強する必要があります。ここからは宅建試験を合格に向けた学習の基本ポイントについて紹介します。

宅建の勉強方法の基本

ここからは押さえておくべき、宅建の勉強方法の基本ポイントを紹介します。

勉強時間の目安は300時間

宅建試験は同じような難易度の試験と比較すると、出題される分野は少ないのが特徴です。ただし、試験は全部で50問出題されるので、決して量が少ないわけではありません。また、法律が関係している試験になるので、難しくなり合格率は2割を下回っています。

宅建試験に合格するための勉強時間の目安はおおむね300時間ほどと言われています。ただし、勉強時間の目安は人によって異なります。宅建試験には法律や税金などに関する知識も問われるので、法律や税の知識がある方・仕事をしている方は勉強時間が少なくなるでしょう。

仮に300時間の勉強時間が必要になるとすれば、1日に1時間勉強したとしても10ヶ月~1年ほどの時間がかかります。仕事で忙しい社会人であれば、勉強時間が確保できずもっとかかる可能性もあります。そのため、勉強時間を確保するだけでなく、自分に合った効率良い勉強方法と勉強スケジュールを立てることが大切です。

1分野ごと進めていく

宅建試験で出題される分野は「宅建業法(20問)」「民法等(14問)」「法令上の制限(8問)」「税・その他(8問)」です。

宅建の試験は全50問で1問1点の50点満点であり、概ね7割(35点前後)を得点できれば合格できます。法律関連の資格と違い出題される分野は4つなので、1分野ずつしっかりマスターしていくことが大切です。

計画は必ず立てる

宅建の試験は全体の7割を得点できれば合格できるため、自分の得意分野を見極め、確実に得点できるようにするのがおすすめです。各分野の得意・不得意を早めに見極め、試験までの日数を逆算して確実に得点できるように計画しましょう。勉強時間の目安だけでなく、どのようにすれば合格できるかを考えて勉強を進めていきましょう。

フォーサイトのバーチャル講師とは?

バーチャル講師って何?

学習を進めるときは効率良い勉強方法と同時に、自分が勉強しやすい方法なのかも重要です。自分に合った方法であればスムーズに学習を進めることができ、合格する可能性も高くなるでしょう。そこで、ここからは近年注目されているバーチャル講師について紹介します。

バーチャルYouTuber(3Dモデル)が勉強を教えてくれる

バーチャル講師とは、3Dモデルを使ったキャラクターが講師を務めてる学習コンテンツです。この3Dモデルは「バーチャルYouTuber」でもあり、最近人気があります。

通常のオンライン学習だとリアルタイムか録画で生身の講師が講義を行い、その様子がネットで配信されています。つまり、バーチャル講師は生身の講師がバーチャルYouTuberに置き換わっているといえばイメージしやすいでしょう。

この「バーチャルYouTuber」とは、3Dモデルに声を吹き込み、生身の人間のように動いて動画配信をしているYouTuberのことです。二次元のキャラクターが講師になっており、二次元キャラが好きな方だけでなく、幅広い方に受け入れられやすいのが特徴です。

実際の講師よりも学習に取り組みやすく、学習のハードルが下がるので気軽に勉強できるでしょう。バーチャルYouTuberのキャラクターのデザインはイケメンや美女であることが多く、馴染みやすいのも大きいポイントです。

通信講座の新しい形として教育分野の注目を集めている

『バーチャル講師』とは、「フォーサイト」が提供している学習コンテンツです。フォーサイトは、さまざまな資格の取得に向けて通信教育・通信講座を行っており、合格率は高いため人気があります。

このバーチャル講師は、通信講座・オンライン学習など実際にスクールに通う必要がありません。名前の通り「バーチャル(仮想)」のキャラクターが講師を務めており、自宅でも学習を進めれます。どのバーチャル講師も可愛らしいキャラクターなので勉強に取り組むモチベーションアップなどの効果が期待できます。

実際に、バーチャル講師を使うことで勉強に対するハードルが低くなる効果から、教育分野の中で注目されています。

また、コンテンツを提供する側も3Dモデルとモデルを動かす技術、講師に適した声があればパソコン上で作成できるのも特徴です。

バーチャル講師が実際の講師の代わりになれば、オンライン学習用のコンテンツを作成している講師の負担を削減できます。また、バーチャル講師が行う講義の内容は一般的な講義と同じなので学習効果も期待できます。

さらに3Dモデルは自分のすきなようにデザインできるので、自分たちがイメージする好きなキャラクターを作りやすいです。そのため、さまざまな機関がオリジナルキャラを作成してバーチャル講師を利用し、業界が盛り上がっていくのではないかと予想されています。

宅建講師『真鍋サキ』の特徴

現在ではバーチャル講師は3人いて、それぞれ担当が割り振られています。『真鍋サキ』は宅建担当の講師であり、3人バーチャル講師の中では一番落ち着いた大人っぽい印象の女性です。

saki

誕生日は『12月10日』、座右の銘は『笑う門には福来る』というポジティブなものになっているなど、設定は細かいです。少し大人っぽい見た目をしていますが、好きなものは『プリン』『猫』『踊ること』と可愛らしい趣味をしているのも共感しやすいでしょう。

また、若い女性のような見た目をしていますが、バーチャル講師は全員、「フォーサイトに勤めている女性」というのが共通の設定です。見た目のデザインの通り、落ち着いた印象を受ける講師であり、ゆったりとしたペースで学習を進められます。

実際に自己紹介動画を見てみると、ゆっくり聞きやすい声なので、1つずつ内容を理解して勉強できるでしょう。また、自己紹介動画は趣味などの設定の紹介だけでなく、宅建の資格についても触れているので参考になります。

例えば、宅建の資格は全国の平均合格率は17.0%ですが、フォーサイトの合格率は71.5%と案内しています。これは全国平均の4倍にもなるので、非常に合格率が高いことが分かります。

このように合格率が高いので少しでも合格する可能性を高くしたい方は、独学で勉強を進めるのではなくフォーサイトの通信教育を利用すると良いでしょう。フォーサイトはバーチャル講師など新しい学習方法を常に考えており、今まで資格試験の勉強に挫折してしまった方でも利用しやすくなっているのが特徴です。

配信動画はこちら

【新人Vtuber】
宅建バーチャル講師の真鍋サキ(まなべさき)です!

【5分で分かる】
宅建とは?どんな資格?バーチャル講師で解説!

バーチャル講師を利用するメリット

自分にバーチャル講師が合っているか判断するためにも、バーチャル講師にはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

通常講義に追加費用なしで動画を視聴できる

バーチャル講師による講義は、対象の講義に申し込むだけで受けられます。そのため、追加費用は必要ありません。既にフォーサイトの講義を受けている方は、バーチャル講師の対象になっているか確認してみると良いでしょう。

これは、現在だとバーチャル講師専用の講義があるわけではなく、通常の講義とセットになってるためで、バーチャル講師の費用も含まれているからです。

もし今までの勉強方法に不安を感じており、もっと良い方法を探している方であれば、基礎・基本から分かりやすく理解できるバーチャル講師を使ってみるのがおすすめです。

プロの声優が話すので一般的な講師よりも聞き取りやすい

バーチャル講師は「プロの声優」が声を務めているので、内容をとても聞きやすいのも特徴です。一般的にVチューバーなどのキャラクターを使うときはボイスチェンジャーを使い、好みの声色に近づけることはできますが、それだとどうしても違和感があり聞きにくく感じてしまいます。

音声に違和感があれば勉強に集中できないでしょう。その点、バーチャル講師はプロの声優を使っているので、内容を理解しやすくスムーズに学習を進められます。

専任講師が監修しているので安心

バーチャル講師の講義は、専任の講師が監修した内容になっているので、今までの講義と同様の学習効果を期待できます。つまり、合格に繋がる内容を分かりやすく聞きやすい声で受けられるので、効率良く勉強できるでしょう。

独学では分かりにくく挫折しそうなポイントでも、バーチャル講師を使えば分かりやすく教えてくれるので、不安点を解消しながら勉強できるでしょう。

バーチャル講師を使って資格を取得しよう!

宅建試験は合格率が15%~18%と難易度が高いです。そのため、効率良く勉強しなければ時間がかかり、なかなか合格できないでしょう。必要な勉強時間の目安は300時間と難関の試験と比較すると短いですが、難易度は高いのでしっかり勉強する必要があります。

合格に向けて効率良くスケジュールを立て、自分に合った勉強方法を実践することが大切です。自分に合った勉強方法を見つけるためにも、最近話題になっているバーチャル講師を使って学習を進めるのも良いでしょう。

バーチャル講師を使えば、挫折してしまいやすいポイントでもしっかり理解できます。宅建のバーチャル講師は『真鍋サキ』というキャラクターなので、興味がある方はどのような設定なのか動画などを確認してみると良いでしょう。

フォーサイトでは興味がある方のために、2週間のトライアルを実施しているので活用してみるのもおすすめです。

【トライアル】
eラーニング無料試用版申し込みはこちら