宅建は就職や転職を思い切り助けてくれることもあります

不動産業界

宅建という資格は、法律で手厚く保護されている資格の代表例でしょう。そのために、就職や転職という機会においては大きなアドバンテージになってくれるのです。

それでは宅建の資格がパワーを見せてくれるのはどんな業界でしょうか? もちろん、その答えは第一に不動産業界ですね。

不動産業界は、全国のどこに行っても必ず需要がある業界で、都会だろうと地方だろうと就職先が出てくる点がポイントです。

それに宅建資格を持っていると、性別や年齢、あるいはそれまでの職歴や学歴等であまり不利な立場に追い込まれなくなる点もポイントでしょう。まだ女性の宅建保持者が少数派ですが、それでも宅建があれば有利に選考してもらえます。それに最近はリストラの恐怖が広がっている時代ですが、30歳どころか40歳以上になっても、「企業に採用してもらえた」という体験レポートをよく耳にします。

建設、建築業界

このほか建設業界、ついで建築業界でも宅建保持者は需要があります。こうした企業は最寄りの不動産企業と提携していることが多いですが、宅建資格者の持つ法知識を必要とする例もあるのです。

金融、経営関連

そして忘れてはいけないのは、金融や経営関連の業界です。こうした業界でも不動産にまつわる案件は随時発生しています(もちろん、その頻度は企業によって大きく変わりますが)。こうした業界に入る場合は、必ずしも宅建の資格が役立つ業務や不動産関係の業務が担当の中心になるとは限りませんが、それでも貴重な人材として優遇されるチャンスが与えられることでしょう。

宅建に合格して無事に資格を取得できたら、ここまで書いてきた業界等を中心に就職活動をやっていくとよいでしょう。

※なお、ここまで書いてきたそれぞれの業界では、宅建の資格を持っていることで「資格手当」が毎月支給される可能性もあります。